不動産

  

インプラントの歴史

インプラントは、古代の人骨から発見されています。貝や、エメラルド、象牙などが使われていたようです。インプラントの料金は保険が効かない点に注意しましょう。それなりの料金がかかってしまいます。

この記事の続きを読む

歯科恐怖症の内容

近年では、歯科医院に行くことが出来ない方が増えています。歯科恐怖症と呼ばれ、極度に恐れを抱いている状態のことを言います。虫歯治療を行なう際には、無痛治療を行なう歯科医院が増えています。

この記事の続きを読む

最新治療を受ける

歯医者を利用すると、歯を削るというイメージが強いですが、現在では削る治療方法が減っていく方向にあります。更には、薬品で虫歯菌を死滅させる方法まで考案されています。

この記事の続きを読む

治療を受ける歯科

インプラントは、歯科医院の中では新しい治療法です。治療を受ける際には設備が整っている医院を選びましょう。インプラントが優れている理由として、自然歯と同じ状態を再現できる点が挙げられます。

この記事の続きを読む

インプラントを行なう


虫歯や歯周病、事故や、元々の欠損など、歯を失ってしまう可能性は、高齢化社会の中、多くなることでしょう。なくなってしまった歯の治療としては、歯科で受ける、インプラント、入れ歯、ブリッジがあります。このうち、歯科インプラント治療は、自分の歯を削らない、見た目が美しい、自分の歯で食べている感覚があるというメリットがあります。一方、治療期間中、歯科に通わなければならない、メンテナンスが必要、顎の骨を削る手術を受けなければならない、そして、高額な治療費になるという、デメリットもあります。しかし、歯科に通うことは、健康な歯を保つため、有効な方法ですし、技術の高い医師と高度な検査装置がある歯科であれば、安心して治療を受けることができます。そして、医療控除をしっかり利用することで、医療費の一部金が戻ってきます。所得控除をうまく活用し、インプラントで快適な生活を送ることも検討してみましょう。

インプラントの治療費は、歯科によりますが、東京都内では平均して、1本35から45万円が平均額だといわれています。インプラントには保険は適応されませんが、医療費控除の対象となる治療行為です。医療費控除とは、自分自身や家族のために、10万円以上の医療費を支払った場合、医療費と総所得金額に応じた金額が返却される仕組みです。控除の対象は、歯科で支払った診察費等に加え、通院に要した交通費(バス、電車、タクシーなど)も含まれますので、費用を記録しておくことをお勧めします。また、調剤薬局で処方された薬以外の、ドラッグストアなどで購入したものについても対象になりますので、一年分のレシートも保管しておくとよいでしょう。 インプラントは高額ではありますが、税金の仕組みを活用することで、活用しないよりも、お得に、治療を受けることができます。